症状別ブログ

2020.02.17更新

こんにちは

まちだ駅前鍼灸院整骨院の高田です!!

 

前回もツボについてでしたのでその続きを載せていきます。

 

写真

 

写真

 

写真

 

今回のツボもお灸が効果的ですがやけどの心配があるので不安のある方は指圧にしましょう!!

軽くでいいので1点を5秒~10秒位じっくり押しましょう!!

投稿者: まちだ駅前鍼灸院 整骨院

2020.02.14更新

こんにちは

まちだ駅前鍼灸院整骨院の高田です!!

 

最近患者さんに同じような事ばかりを言ってますshun

 

「寒暖差が激しいですね」と気温の事ばかり話題になります。

実際昨日は四国地方で春一番が吹いたそうです!!

まだ2月の中盤ですが春は目の前まで来てるようですね。

 

寒暖差や季節の変わり目は身体に負担が溜まり体調を崩す方が増えてきます。

 

そんな時簡単に出来るセルフケアとしてツボ刺激がオススメです!!

 

写真

 

写真

 

ツボは指圧するのもいいですが今の時期ならお灸もオススメですので是非お試し下さい。

お灸のやり方や正確なツボの位置など気になる方は当院治療スタッフにお聞き下さい!!

 

投稿者: まちだ駅前鍼灸院 整骨院

2020.02.05更新

こんにちは

まちだ駅前鍼灸院整骨院の高田です!!

 

二月に入ってからいっきに増え始めた新型コロナウイルス

皆さんはどのように対策されてますか?

 

テレビではマスクが売り切れたり高値で転売されたりと騒がれています。

 

でもマスク以外に対策されている方ってどのくらいいますか?

 

こまめな手洗い・外出後のうがい・手袋などの着用、マスク以外にもやれる事は色々とあります。

 

今は新型コロナウイルス以外にもインフルエンザやノロウイルスなどの毎年猛威を振るっている病原菌が多く存在します。

 

新型コロナウイルスだから気をつけるのではなく常に危機感を持って予防しましょう!!

写真

 

 

 

 

 

投稿者: まちだ駅前鍼灸院 整骨院

2020.01.28更新

こんにちは

まちだ駅前鍼灸院整骨院の高田です!!

 

最近はどんどん寒くなってきましたね

寒いと運動量が減り筋肉が上手く働かなくなります。

今回は足の筋肉が働かないとどうなるか書いていきます。

 

1.ムクミ

足の筋肉、とくにふくらはぎ(下腿三頭筋)が重要です!

ふくらはぎは第二の心臓と言われるほど血流循環にかかわっています。

立ちっぱなしや座りっぱなしになりふくらはぎが機能しないと足に余分な水分が溜まり浮腫むだけでなく冷えなどの症状も起こしやすくなします。

 

2.エコノミー症候群

最近はムクミと簡単に言う方が増えてきましたが(私もその1人です)

ムクミはエコノミー症候群の元になります!!

エコノミー症候群は長時間の飛行などで足の静脈に血栓ができるもので

血栓が肺や血管に詰まって亡くなる人もいます。

元々ムクミの強い方はエコノミー症候群を起こしやすいので日ごろから足のケアをやりましょう!!

 

3.静脈瘤

足のムクミが長期間続くと血管の壁が変形しボコボコとなってしまうものです。

静脈瘤は一度なってしまうと自然に治ることは無く、弾性ストッキングを履いての保存療法や血管に薬を注射して固める硬化療法、他にもレザー治療や血管をしばったり、引き抜く手術もあります。

こんな大変な事をしないといけなくなるなら、ちゃんとストレッチや運動をしておけばよかったとみんな思っています。

 

上記の症状は日ごろの運動やストレッチなどの自分で行えるケアで回避できます。

10代20代の方はまだ良いかもしれませんが、30代になると筋力・体力は簡単に下がるようになり戻すのにかなりの時間と労力がかかります。

だからと言って、じゃあもう諦めようとは思わないで下さい!!!!

昔に戻るのは難しいけど、今日より明日、明日より明後日と地道にやっていけば気がついた時には、あの時より良くなってると思えるはずです。

すぐに結果を求めるのは悪い事ではありませんが焦りは禁物です。

求める場所に向かって一歩一歩進みましょう!!

 

・どんなストレッチをすれば良いのか

・どんな運動をすれば良いのか

・やってはいけない事は何か

・身体の負担解消

私たちが全力全開でサポートしますので是非ご相談下さい!!!

 

 

投稿者: まちだ駅前鍼灸院 整骨院

2020.01.26更新

こんにちは

まちだ駅前鍼灸院整骨院の高田です!!

 

今回は私も悩んでいる<なで肩・巻き込み肩>について書いていきます。

 

写真は高田です!!

モアレグラフィーの内容から巻き込み肩やなで肩なのが分かります。

写真

なで肩の人は他の人より腕の重さを支えるのに首周りの筋肉を使うので首肩に張り感やコリといったものを感じやすくなります。

 

巻き込み肩は仕事がデスクワークがメインの方や学生さんに多いです。

腕を前に出している事が多い・脇を閉めている事が多い・首が前に出ている・背中の筋肉が弱いなど色々な原因があります。

写真

 

今回は筋トレなどではなくテーピングを使った矯正法を紹介します。

 

写真

今回使用するのはキネシオテープです。

キネシオテープはケガをした時、固定の為に使うイメージが強いと思いますがそれ以外にも色んな使い方や作用があります。

1.筋肉の機能を正しくもどす

伸びすぎた筋肉や縮みすぎた筋肉をもとに戻し、弱っている筋力を改善する

2.リンパや血流の流れを促す

皮膚とその下にある組織のすきまを拡げ、局所にたまっている血流やリンパ液の循環を改善する

3.痛みを抑制する

人間には皮膚や筋肉を刺激する事で痛みを抑える機能があります。

キネシオテープを貼る事で機能が活性化され痛みが和らげます。

4.関節のズレを正す

キネシオテープは伸縮性があり関節の動きを妨げることなくズレを調整し開園する効果がある。

 

今回は巻き込み肩・なで肩に対してのテープは下の写真のように貼りました。

写真

 

人によってはテープがかゆくなってしまう人もいますが気にならなければ7日位は貼っていて大丈夫です(テープ自体が汚くなったら剥がして捨てましょう)

筋トレをしても上手く歪みが治らない・癖がとれない人はテープを一度使う事をオススメします!!

興味のある方は当院スタッフにお聞き下さい!!

 

投稿者: まちだ駅前鍼灸院 整骨院

2020.01.24更新

こんにちは

まちだ駅前鍼灸院整骨院の高田です!!

 

今回は鵞足炎についてです。

 

写真

 

鵞足炎は、スポーツを行う人に多い膝の慢性的な炎症症状です。

 

脛骨内側には縫工筋・薄筋・半腱様筋・半膜様筋の4つの筋が扇状についており、それが鵞鳥(がちょう)の足のように見える為「鵞足」と呼ばれています。

 

写真

 

膝を繰り返し曲げ伸ばしすることで鵞足周囲の筋・腱・滑液包などが炎症を起こし痛みが発生します。

症状としては炎症部の痛み熱感浮腫などで痺れなどの神経症状は起こりにくいです。

痛みが出ている時はアイシング(冷す)をして安静にするのが一番です。

運動も激しいものは避ける必要があります。

痛みに耐えながら運動してしまうと炎症が悪化したり、痛い足をかばって他の場所も痛めてしまう事もあります。

ほっておけば治ると考えている人も多いですがしっかり治療しないと大変な事になるかもしれませんのでちゃんと治療しましょう!!

 

投稿者: まちだ駅前鍼灸院 整骨院

2020.01.23更新

こんにちは

まちだ駅前新旧院整骨院の高田です!!

 

早速ですが、タイトル通り皆さんは知っていましたか?

男性にも生理があることを!!

昔ネットやテレビで一時期話題になっていたそうですが、恥ずかしながら私は知りませんでしたshun

 

ただ女性のように出血したりはしません。

男性の生理は<骨盤周期>もしくは<睾丸周期>と言います。

 

女性の生理は、不要になった子宮内膜の排出の為に行われます。

女性の身体は約1カ月に1回、卵巣から卵子を排出します(排卵)

排卵に合わせて子宮内膜を厚くして受精卵を待ちます。

しかし、卵子が受精しなかった場合は準備した子宮内膜が要らなくなり、はがれて体外に排出されます。

これが女性の生理です。

 

男性の生理はは女性ほど辛いものではないかも知れませんが、知ってると知らないとでは大きな違いがあります。

 

男性の生理は骨盤が緩む事で起こると言われ周期も28日前後です。

 

女性もそうですが、骨盤が緩むと身体には色んな不調が起こります。

ホルモンバランスの乱れ・自律神経の乱れ・筋肉に力が入らない(余計な力が入る)・仕事に集中できない・睡眠が足りなくなるなどがあります。

個人差もありますが、女性の生理の辛さが10としたら男性は5か4位だと思って下さい。

男性もイライラする日やなんだかやる気が起きない日など、調子の悪い日をチェックしておくと自分の生理周期が分かるかもしれませんよ!

周期が分かると考え方や気の持ち方も変わって負担が減るはずです。

そして男性の皆さんは女性に優しくしてあげて下さい!!!!!

 

 

投稿者: まちだ駅前鍼灸院 整骨院

2020.01.23更新

こんにちは

まちだ駅前鍼灸院整骨院の高田です!!

 

今回はタイトル通りジャンパー膝についてです。

 

 

ジャンパー膝とは

膝蓋腱大腿四頭筋腱に炎症が起こり痛むものです。

バスケットボールやバレーボールなどジャンプ動作の繰り返しなどで膝を酷使して起こるスポーツ障害である。

 

写真

 

ジャンパー膝は運動を多くする10代20代に多く

特に体重のある男性に多いです。

近年では成長痛と間違えられる事もあるので、どんな時どんな動作で痛いのかをしっかり覚えておきましょう!

 

気になる痛みや痺れがありましたら当院にご相談下さい!! 

 

投稿者: まちだ駅前鍼灸院 整骨院

2020.01.22更新

こんにちは

まちだ駅前鍼灸整骨院の高田です!!

 

今回は東京オリンピックなのに北海道を走る事になったマラソンランナーに多いケガについてです。

 

ランナー膝(腸脛靭帯炎)

 

ランナー膝(腸脛靭帯炎)は膝の屈伸運動を繰り返すことによって腸脛靱帯が大腿骨外顆と接触して炎症を起こし痛みが発生します。

多くは長距離ランナーに起こりますが崩れたフォーム走り続けると短距離選手でも起こります。

 

写真

 

膝の痛みは色々な原因や種類があります。

今回のランナー膝以外にもジャンパー膝・鵞足(がそく)・変形性膝関節痛・その他靭帯炎などがありますので、膝が痛いといっても原因を理解しないと治るものも治らないのでしっかり検査して治療しましょう!!

 

投稿者: まちだ駅前鍼灸院 整骨院

2020.01.20更新

こんにちは

まちだ駅前鍼灸院整骨院の高田です!!

 

今回は部位の神経症状についてやっていきます!!

 

今回は

1.正中神経麻痺

2.尺骨神経麻痺

3.橈骨神経麻痺

の三つをピックアップしていきます。

 

1.正中神経

上腕内側から前腕前面・手と走行する神経

神経障害が起こると痺れなどの感覚異常や母指球筋の萎縮(猿手)

親指と人差し指での綺麗なOKサインが作れなくなったりしますabon

 

 写真

 

2.尺骨神経

上腕内側から肘・前腕・手関節内側を走行する神経

机などで肘の内側をぶつけてビリッとするのはこの神経に刺激が入ったからです。

神経障害が起こると感覚異常や巧緻運動障害(細かい動きが上手くできない)

母指球以外の手内筋の筋萎縮と鉤爪変形(鷲手)が起こる。

余談ですが肘をぶつけてビリッと来る所をファニーボーンと言うみたいですよun

 

写真

 

3.橈骨神経

上腕内側から前腕外側・手関節と走行する神経

神経障害が起こると手首や指を伸ばせなくなる(下垂手)

腕枕などで一定のあいだ、橈骨神経を圧迫をし続けると、手首が動かせなくなったり、握ったり開いたりという動作ができなくなる事があります。

これをハネムーン麻痺と呼びます!!

ラブラブなカップルや1人寂しくうずくまって寝る方に起こります。

症状は同じでも過程が違うとなんだか辛くなりますねnamida

 

写真

 

同じ手の痺れ症状ですがどの神経が障害されるかによって治療のしかたもかわります。

まずは、自分の症状をしっかり理解しましょう。

当院では治療はもちろん、ケガなどの説明もしっかりさせてもらいますので安心してご来院下さい!!

投稿者: まちだ駅前鍼灸院 整骨院

前へ
まちだ駅前鍼灸院・整骨院 電話番号 042-851-8153 メールでのお問い合わせはこちら まちだ駅前鍼灸院・整骨院 電話番号 042-851-8153 メールでのお問い合わせはこちら