スタッフブログ

2020.05.01更新

こんにちは

まちだ駅前鍼灸院整骨院の高田です!!

 

皆さんは水分補給の際、水道水やミネラルウォーターは飲みますか?

今回はについて書いていきます!!

 

 

水には硬水軟水があります。

この2つを違いは「硬度」です。

 

硬度とは水1Lあたりのカルシウムとマグネシウムの含有量です。

 

WHOが定める基準では硬度が120mg未満が軟水で120mg以上が硬水とされています。

 

硬水は濃度が高いので口当たりが重く苦みを感じ、濃度の低い軟水はまろやかな口当たりとさっぱりとした風味があります。

 

これらの特徴を理解しておくと健康に一歩近づけます!!

 

ちなみに日本の水道水や国産のミネラルウォーターはほとんどが軟水です。

 

写真

 

硬水のメリット

便秘改善
マグネシウムを多く含んでいる硬水は消化器系に作用して便通を良くする効果が期待できます。

 

動脈硬化予防
カルシウムやマグネシウムが多い硬水は血液サラサラにすると言われています。

 

③洋風の煮込み料理に使える
肉の臭み取りやアク出しに適してます。

 

デメリット

お腹がゆるくなる
元々胃腸が弱い人はお腹がゆるくなるので注意

 

軟水のメリット

赤ちゃんや小さな子供でも安心

軟水はマグネシウムの含有量が少なくお腹に優しいので小さなお子さんや胃腸の弱い方にも安心して飲んでいただけます。

 

肌や髪に優しい

軟水は身体や髪を洗っても心配はほとんどありません。

逆に硬水で洗うと肌がつっぱたり、髪がパサパサしたりします。

 

デメリット

ミネラル補給が出来ない
軟水にはマグネシウムやカルシウムなどのミネラルが少ないので汗などをかいた後は軟水での水分補給は非効率的です。

 

どんな水を飲むかによって体の状態も変化しますので何気ない水分補給も意識してみてはどうでしょうか

投稿者: まちだ駅前鍼灸院 整骨院

まちだ駅前鍼灸院・整骨院 電話番号 042-851-8153 メールでのお問い合わせはこちら まちだ駅前鍼灸院・整骨院 電話番号 042-851-8153 メールでのお問い合わせはこちら