症状別ブログ

2020.02.27更新

こんにちは

まちだ駅前鍼灸院整骨院の高田です!!

 

 

中国・日本だけではなく世界的に猛威を振るっているコロナウイルス

 

皆さんはどんな対策をしていますか?

 

以前、マスクだけではなく手洗い・うがいが大事!!というブログも書きましたが今回は受身の予防だけ出なく、攻めの予防も大切です!!!

 

では、攻めの予防とは何か

 

それはお灸です!!

 

東洋医学には「扶正祛邪」(ふせいきょじゃ)という考え方があります。

 

扶正祛邪とは、「正気」、すなわち、自分の生命エネルギーを養って強くすることで、「邪気」、すなわち、病気の原因となる悪いエネルギーを追い払うという意味です。(強いバリアを纏うイメージ)

 

現代医学的に言うと、「抵抗力や免疫力を高めて、ウイルスによる感染から身を守る」ということです。

 

 

灸には正気を高める効果に優れているとされてきたことから、日本では、昔から家庭の養生法として盛んに行われてきました。

 

現代では、「お年寄りがやる古臭いもの」というイメージがありますが、現在のような状況においては、積極的に活用していくべきものだと考えられます。

 

お灸の利点は、何と言っても、家庭で手軽に行うことができて費用も安価であるということです。

 

また、お灸は医療器具ではなく、雑貨扱いであるため、ドラッグストアなどで容易に入手できます。

お灸は、他人に対して行う場合には、きゅう師免許という国家資格が必要となりますが、セルフケアとして行うことに限っては資格も不要で、手足やお腹などのツボであれば、自分で手軽にお灸をすることができます。

 

市販のお灸を利用して、「足三里」「三陰交」「太渓」、お腹にある「中脘」「気海」「関元」に、毎日か一日置きにお灸をしてみてください。

 

毎日行う場合には、3つくらいのツボを選んで順繰りに行うと良いでしょう。

 

きたの院のブログにお灸について書いたものがありますのでココから←飛んで見に行って下さい!!

 

 

投稿者: まちだ駅前鍼灸院 整骨院

まちだ駅前鍼灸院・整骨院 電話番号 042-851-8153 メールでのお問い合わせはこちら まちだ駅前鍼灸院・整骨院 電話番号 042-851-8153 メールでのお問い合わせはこちら