症状別ブログ

2020.01.17更新

こんにちは

町田駅前鍼灸整骨院の高田です!!

 

皆さんは身体に痺れが出た事はありますか?

正座をした後や寝方が悪くて一時的にジンジンするなど一度はあると思います。

 

今回は筋肉の状態や関節の位置(歪み)によって起こる痺れについて書いていきます。

 

胸郭出口症候群

 

胸郭出口症候群は首から胸にかけて神経の圧迫がされ、手・腕・肩に痛みや痺れが起こるものをさす

胸郭出口症候群は原因部位によって主に三つに分けられます。

 

写真 

1斜角筋症候群

 

写真

 

2肋鎖症候群

 

写真

 

3過外転(小胸筋)症候群

 

写真

 

他にも頚肋(けいろく)と呼ばれる先天的な肋骨の遺残物が原因となって発症することもあります。

 

胸郭出口症候群は、初期症状は肩こりとして自覚されることがあります。

写真

腕や手に分布する神経や血管が圧迫されることで発症するため、神経症状として首や肩、腕にしびれやちくちくする感覚、血行障害が起こると冷えや感覚異常を覚えることがあります。

 

胸郭出口は一番の原因が筋肉の人と歪みの人で分かれます。

筋肉が硬くなり圧迫が強くなる人、歪みが強く身体に余分な力が入っている人など色々います。

原因が沢山あると治るまでに時間がかかる場合がありますがしっかり治療をしないと悪化する事もあるので症状をほっておこないで下さい。

 

当院でも嗅覚出口症候群の方は多く来院されます。

筋肉のコリが原因の場合、痺れや痛みなどは比較的早い内に軽減する事がありますが、歪みが原因だと歪みのクセを変えないといけないので回復に時間がかかる事があります。

 

しかし、ほとんどの患者さんが痺れ痛みなどの症状が和らぐと言ってくれます。

 

1度の施術で治らなくても2度3度と続ける事で治療効果も変わってきますので、身体に不調をお持ちの方は是非当院にご相談ください!!

 

投稿者: まちだ駅前鍼灸院 整骨院

まちだ駅前鍼灸院・整骨院 電話番号 042-851-8153 メールでのお問い合わせはこちら まちだ駅前鍼灸院・整骨院 電話番号 042-851-8153 メールでのお問い合わせはこちら