症状別ブログ

2019.10.28更新

こんにちは

まちだ駅前鍼灸整骨院の高田です!!

 

あと数日で十月も終わり寒さの厳しい季節がやってきます。shun

気温が下がると体表温度も下がり身体の免疫機能運動機能が低下し、体調を悪くしたり運動のパフォーマンス力が落ちてしまいます。

そうならない為には寒さに負けない身体作りが大事です!!

だけど運動する時間が無い人もいると思いますので、

今回は効果的な入浴について書いていきます。

 

入浴法の前に「ヒートショックプロテイン」という物についてです。

 

身体を温めると健康に良いというのも「ヒートショックプロテイン」(HSP)が作用するからといわれています。

 

ヒートショックプロテイン(HSP)とは、

傷んだ細胞を修復する作用のあるタンパク質のことです。

「熱ショックたんぱく質」と呼ばれることもあります。

細胞を修復するということは、増やすことで自己回復力を高めることができるということ。

お肌の状態を良くすることにも一役かってくれます。

さらにヒートショックプロテイン(HSP)は、免疫細胞の働きを活発にしたり、疲労感の原因である乳酸の発生を抑制したりする作用をもった、身体にとってとても嬉しい物質なんです!!

 

写真

 

HSP入浴法

1.入浴前に必ず水分補給をおこなう
2.こまめに体温を測りながら40℃〜42℃のお湯に20分ほどつかる

(40℃で20分、41℃で15分、42℃で10分を目安)

3.体温が38℃になったら湯船から上がる

 

※HSP入浴法の注意点※
・入浴前の水分補給を必ずおこなう
・長風呂は危険をともなう行為であるため、体に異変を感じたらすぐに中止する
・基礎体温が低い人は1.5℃程の体温上昇でも可(38℃まで上げるのが難しいため)

 

 

HSP入浴法を実践すれば、ヒートショックプロテインが活性化している状態が3〜4日続きます

つまり週に2度ほどHSP入浴法を実践していくことで、ヒートショックプロテインが増加しやい状態を常に保つことができるのです。

HSP入浴法は、3〜4日に1度程のペースでおこなってください。

 

ヒートショックプロテインを増加させることのできるHSP入浴法は、美容や健康維持にとってとても有効な方法です。日々の生活に取り入れることで、美肌と病気に負けない体を手にいれてください!

 

投稿者: まちだ駅前鍼灸院 整骨院

まちだ駅前鍼灸院・整骨院 電話番号 042-851-8153 メールでのお問い合わせはこちら まちだ駅前鍼灸院・整骨院 電話番号 042-851-8153 メールでのお問い合わせはこちら